Categories
education

Education Pro Of Pro

As shown in the “Overview” section, this studio was independently established by Anno, who participated in the production of works from the early days of Gainax and then served as a director. He frozen the new work he had envisioned in light of the internal situation of Gainax at that time.

He decided to remake “Neon Genesis Evangelion” (hereinafter “Eva”), but decided to become independent because he needed a place where he could reflect his own intentions in management and take responsibility. [9] ]. Gainax also understood that Anno was the original author of “Eva” at the time of independence.

If Gainax earned money from his work, he would sign a contract to pay royalties to Color at a certain rate, while Gainax would continue to be the contact point for copyright management and commercialization of “Eva.”

However, from around 2012, royalty payments from Gainax began to be delayed, and Anno, who received an offer for installment payments from the company’s management, accepted this. [10] In addition, two years later, he was consulted for a loan of 100 million yen to maintain the management of Gainax in a situation where payments did not proceed.

We responded unsecured and interest-free on the condition that the transfer of the commercialization window of “Eva” and the distribution business of royalties was advanced by one year and the repayment was as planned. The copyright of “Eva” was transferred to Color in 2014.

However, in April 2016, payments and repayments were delayed again, and there was no response to inquiries from the color side, so in August of the same year, a temporary seizure of claims was filed against Gainax (executed). , Filed a lawsuit to return the loan in September [12]. The case was confirmed by Color in 2017. [12] On the other hand, it turned out that Gainax had sold the materials of the past production works, and Color obtained them and entrusted the management to the specified non-profit organization “Anime Tokusatsu Archive Organization”.

In December 2019, when the then president of Gainax was arrested for scandals, it was reported that “Eva” was linked to the company, but the color was “” Eva “is our work, what is the current Gainax? It is irrelevant, “he officially issued a statement protesting. [13] [14] When the Gainax management team was renewed after the scandal, Yasuhiro Kamimura, the representative of the color copyright management company “Groundworks,” became president. [

This work is said to have caused the third anime revolution, and is one of the five most important works in the history of Japanese animation. It is also known overseas as one of Japan’s leading anime works [citation needed]. At the time of the release of the work, the structure of the story was novel in that the story of the hero’s self-consciousness and human relationships and the story of the fate of the world on an extreme scale were linked, so many works that could be called post-evangelion were produced. rear

Such works came to be called the Sekai system. [4] Furthermore, it was an early work that adopted the production committee method, and not only the success of the package media containing the main story, but also related products such as manga and figures released as part of the media mix became a hit, and the capital after this work. The number of anime broadcasts has increased rapidly in the area, mainly at midnight (the appearance of late-night anime), and the framework of anime culture since the 21st century has been established.

It was. Furthermore, it was the first anime series to express characters in an orderly manner using fonts for DTP (in the era when there were only examples of characters as hand-drawn pictures in the animation at that time, and PostScript fonts were just beginning to appear. Fontworks Matisse-EB was adopted). “Neon Genesis Evangelion” is an anime work that was broadcast in the evening, but the content is similar to the modern late-night anime,

Since there were many depictions, complaints were received from the general public who were not anime fans.

From October 4, 1995 to March 27, 1996, all 26 episodes were broadcast on the TV Tokyo Network (TXN) in the evening hours. The audience rating at the time of the broadcast was low, and after the broadcast, a novel story was controversial and caused controversy. Along with “Space Battleship Yamato” in the 1970s and “Mobile Suit Gundam” in the 1980s, it was also a third-generation anime work that influenced later anime, and triggered an explosive anime boom. In 1997, the theatrical version “Air / Magokoro to Kimi ni” (episodes 25 and 26), which depicts an ending different from the ending of the TV series version (second episode, final episode), was released. It was.

Gainax has not invested in the TV series produced by the production committee method, and the return from the video work is only the script royalties and director royalties of director Anno [5].

It is a media mix work of TV animation and manga, and the manga by Yoshiyuki Sadamoto started serializing at Kadokawa Shoten’s Shonen Ace in December 1994 (February 1995 issue) prior to TV broadcasting, and 18 years later in June 2013. Serialized in (July 2013 issue). The final book (Volume 14) was released on November 20, 2014, 19 years after the serialization started, and was completed.

In 2006, the production of all four works of the “Evangelion New Theatrical Version” series, which “rebuilt” this work with a new setting and story, was announced, and in 2007 the first work “Introduction”, 2009 The second work “Break”, the third work “Q” in 2012, and the fourth work “Shin Evangelion Theatrical Version 𝄇” were released in 2021.

The copyright holder of this work was “GAINAX / Project Eva. TV Tokyo” in the TV series version and “GAINAX / EVA Production Committee” in the movie version, but Hideaki Anno produced it in 2006. After the company color was founded, it was changed to “GAINAX color” or “GAINAX color / Project Eva.” After that, it was changed to “color” or “color / Project Eva.” From the end of 2014, which marks the 20th anniversary of television broadcasting. [6]

There are differences in the story from the latter half of the story between the TV anime version, the old movie version [Note 5], the manga version, and the new movie version.

Animation production has been changed to Tatsunoko Production alone from the rebroadcast in 2020.

Director Anno was in charge of drawing the Nausicaa of the Valley of the Wind, the God Warriors, early in his career in the anime industry, and he himself wanted to make a work centered on the God Warriors, but was rejected by Hayao Miyazaki. Therefore, it is said that Evangelion was created by quoting the characteristics of the God Warriors. [7] In fact, he is producing “Theatrical Version Appearing in Giant God Warrior Tokyo” as a short film that will be screened at the same time as the new theatrical version. Also, is the battle scene a special effect?

They are strongly influenced by [8].

Categories
AND DIAMOND

Education Pro

「概要」節にあるように、ガイナックスの初期から作品制作に参加し、その後取締役を務めていた庵野が独立して設立したスタジオである。彼は、当時のガイナックスの社内状況を鑑みて、構想していた新作を凍結、

『新世紀エヴァンゲリオン』(以下『エヴァ』)のリメイクに踏み切るが、自身の意思を経営に反映して責任が取れる場所が必要であるという思いから、独立を決意したと記している[9]。独立に際して庵野が『エヴァ』の原作者であることはガイナックス側も了解し、

彼が手がけた作品でガイナックスが収入を得た場合は、一定の比率でロイヤルティーをカラーに支払う契約を結ぶ一方、『エヴァ』の版権管理や商品化の窓口は引き続きガイナックスが持つ形としていた。

しかし、2012年頃からガイナックスからのロイヤルティー支払が滞るようになり、同社の経営陣から分割払の申し入れを受けた庵野は、これを了承した[10]。さらに、2年後には支払が進まない状況でガイナックスの経営維持を理由に1億円の融資を相談され、

『エヴァ』の商品化窓口やロイヤルティーの分配業務の移譲を1年前倒しにすることと、計画通りの返済を条件に、無担保・無利子でそれに応じた。『エヴァ』の版権は、2014年にカラーに移管された。

だが、2016年4月に支払や返済が再び滞り、カラー側からの問い合わせに対しても一切の返答がなかったことから、同年8月にガイナックスに対して債権仮差押えを申し立て(執行された)、9月に貸金の返還訴訟を起こす[12]。この裁判はカラー側が2017年に勝訴し、確定した[12]。一方でガイナックスが過去の制作作品の資料を売却していたことが判明し、カラーはそれらを入手して特定非営利活動法人「アニメ特撮アーカイブ機構」に管理を委託した。

2019年12月、当時のガイナックスの社長が不祥事で逮捕された際、『エヴァ』と同社を結びつける報道がなされたことに対し、カラーは「『エヴァ』は当社の作品で、現在のガイナックスとは無関係である」と抗議する声明を公式に発表している[13][14]。不祥事後にガイナックスの経営陣が刷新された際、カラーの版権管理会社「グラウンドワークス」の代表である神村靖宏が取締役社長に就任した[

本作は第3次アニメ革命を起こしたとされ、日本アニメ史上で5本の指に入るほど重要な作品である。海外でも日本を代表するアニメ作品として知られている[要出典]。作品発表当時、物語の構造として、主人公の自意識や人間関係と、世界の命運という両極端なスケールの話が連動している事が斬新であったため、ポスト・エヴァンゲリオンとも言うべき作品が数多く生み出され、後

にそのような作品がセカイ系と呼称されるようになった[4]。さらに、製作委員会方式を採用した初期の作品であり、本編を収めたパッケージメディアの成功だけでなく、メディアミックスの一環として発売した漫画やフィギュアなどの関連商品も軒並みヒットし、本作以降首都圏で深夜を中心にアニメ放送が急増し(深夜アニメの登場)、21世紀以降のアニメ文化の枠組みを築い

た。さらに、DTP向けのフォントを用いて、整然とした文字表現を行った最初のアニメシリーズである(当時のアニメでは手描き絵としての文字しか事例が無く、PostScriptフォントも出始めたばかりという時代にあって、フォントワークスのマティス-EBを採用した)。『新世紀エヴァンゲリオン』は夕方に放送されたアニメ作品であるが、内容的には現代の深夜アニメと類似し、

な描写が多数存在したことから、アニメファンではない一般層から苦情が寄せられていた。

1995年10月4日から1996年3月27日にかけて全26話がテレビ東京系列(TXN)で夕方の時間帯で放送された。放送時の視聴率は低かった上に、放送終了後には斬新なストーリーが物議を醸し、賛否両論の議論を引き起こした。1970年代の『宇宙戦艦ヤマト』、1980年代の『機動戦士ガンダム』と並び、後のアニメへ影響を与えた第三世代のアニメ作品でもあり、爆発的なアニメブームのきっかけとなった。1997年には、TVシリーズ版の結末(第弐拾伍話、最終話)とは別の結末を描いた劇場版『Air/まごころを、君に』(第25話、第26話)が公開された。

製作委員会方式で作られたテレビシリーズにはガイナックスは出資しておらず、映像作品からのリターンは庵野監督の脚本印税と監督印税のみとのこと[5]。

テレビアニメと漫画のメディアミックス作品であり、テレビ放送に先立つ1994年12月(1995年2月号)より角川書店の少年エースで貞本義行による漫画が連載開始され、18年後の2013年6月(2013年7月号)に連載終了。連載開始から19年後の2014年11月20日に最後の単行本(第14巻)が発売されて完結した。

2006年には、本作を新たな設定・ストーリーで「リビルド(再構築)」した『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ全4作の制作が発表され、2007年に第1作『序』、2009年に第2作『破』、2012年に第3作『Q』、2021年に第4作『シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇』が公開された。

本作品の著作権者表記は、TVシリーズ版では「GAINAX/Project Eva.・テレビ東京」、劇場版では「GAINAX/EVA制作委員会」となっていたが、2006年に庵野秀明が自身の製作会社カラーを創設してからは「GAINAX・カラー」もしくは「GAINAX・カラー/Project Eva.」に変更。その後、テレビ放映20周年を迎える2014年末頃からは「カラー」もしくは「カラー/Project Eva.」に変更された[6]。

なお、テレビアニメ版、旧劇場版[注 5]、漫画版、新劇場版はそれぞれ物語後半からストーリーに差異が見られる。

2020年の再放送からアニメーション制作がタツノコプロ単独に変更されている。

庵野監督はアニメ業界におけるキャリアの初期に、風の谷のナウシカの巨神兵の作画を担当しており、本人も巨神兵を主体とした作品を作りたがっていたが宮崎駿に拒否されたことから、巨神兵の特徴を引用してエヴァンゲリオンを制作したとも言われている[7]。実際に、新劇場版と同時上映の短編として『巨神兵東京に現わる 劇場版』を制作している。また、戦闘シーンは特撮か

らの影響を強く受けている[8]。

Categories
Books

エヴァンゲリオン・クロニクル 3号

【各章の内容リスト】
■メカニックシート
メカニック&使徒を詳細解説 メインメカシート、サブメカシートがあります。

■キャラクターシート
登場人物のプロフィール キャラクターを紹介するシートです。メインキャラシート、サブキャラシートがあります。

■タイムラインシート
エヴァ世界における歴史解説 ストーリーを年表風に紹介するシートです。
■タクティクスシート
作戦&計画内容の解析 使徒戦など、作品中に起こった作戦行動などを詳しく紹介するシートです。
■インスタレーションシート

都市・施設ガイド 施設や組織などを紹介するシートです。
■テクノロジーシート
エヴァ世界における技術考察作品中に登場した兵器や技術の解説をするシートです。
■エクストラシート
用語辞典・番組企画書の紹介・エヴァによる社会現象を検証 その他要素を紹介するシートです。

用語集、企画書、グッズ紹介、ゲームオリジナル要素紹介等のコンテンツがあります。

【各章の内容リスト】
■メカニックシート
メカニック&使徒を詳細解説 メインメカシート、サブメカシートがあります。
■キャラクターシート
登場人物のプロフィール キャラクターを紹介するシートです。メインキャラシート、サブキャラシートがあります。
■タイムラインシート

エヴァ世界における歴史解説 ストーリーを年表風に紹介するシートです。
■タクティクスシート
作戦&計画内容の解析 使徒戦など、作品中に起こった作戦行動などを詳しく紹介するシートです。
■インスタレーションシート

都市・施設ガイド 施設や組織などを紹介するシートです。
■テクノロジーシート
エヴァ世界における技術考察作品中に登場した兵器や技術の解説をするシートです。
■エクストラシート
用語辞典・番組企画書の紹介・エヴァによる社会現象を検証 その他要素を紹介するシートです。

用語集、企画書、グッズ紹介、ゲームオリジナル要素紹介等のコンテンツがあります。

Categories
Books

エヴァンゲリオン・クロニクル 14号

【各章の内容リスト】
■メカニックシート
メカニック&使徒を詳細解説 メインメカシート、サブメカシートがあります。
■キャラクターシート

登場人物のプロフィール キャラクターを紹介するシートです。メインキャラシート、サブキャラシートがあります。
■タイムラインシート
エヴァ世界における歴史解説 ストーリーを年表風に紹介するシートです。

■タクティクスシート
作戦&計画内容の解析 使徒戦など、作品中に起こった作戦行動などを詳しく紹介するシートです。
■インスタレーションシート

都市・施設ガイド 施設や組織などを紹介するシートです。
■テクノロジーシート
エヴァ世界における技術考察作品中に登場した兵器や技術の解説をするシートです。
■エクストラシート

用語辞典・番組企画書の紹介・エヴァによる社会現象を検証 その他要素を紹介するシートです。
用語集、企画書、グッズ紹介、ゲームオリジナル要素紹介等のコンテンツがあります。

14号CONTENTS

Mechanic Sheet
第1使徒アダム
電子機器[2]

Character Sheet
葛城ミサト[2]

Tactics Sheet
第13使徒バルディエル戦

Timeline Sheet
奇跡の価値は

Installation Sheet
第3新東京市[2]

Technology Sheet
L.C.L.

Extra Sheet
用語辞典/企画書/トピックス(ガレージキット2)

Categories
Books

エヴァンゲリオン・クロニクル 2号

【各章の内容リスト】
■メカニックシート
メカニック&使徒を詳細解説 メインメカシート、サブメカシートがあります。
■キャラクターシート

登場人物のプロフィール キャラクターを紹介するシートです。メインキャラシート、サブキャラシートがあります。
■タイムラインシート
エヴァ世界における歴史解説 ストーリーを年表風に紹介するシートです。
■タクティクスシート

作戦&計画内容の解析 使徒戦など、作品中に起こった作戦行動などを詳しく紹介するシートです。
■インスタレーションシート

都市・施設ガイド 施設や組織などを紹介するシートです。
■テクノロジーシート
エヴァ世界における技術考察作品中に登場した兵器や技術の解説をするシートです。
■エクストラシート

用語辞典・番組企画書の紹介・エヴァによる社会現象を検証 その他要素を紹介するシートです。
用語集、企画書、グッズ紹介、ゲームオリジナル要素紹介等のコンテンツがあります。

2号CONTENTS

Mechanic Sheet
エヴァンゲリオン零号機[1]
国連軍兵器[1]

Character Sheet
綾波レイ[1]
国連軍高官

Timeline Sheet
NERV、誕生

Tactics Sheet
零号機起動実験

Installation Sheet
NERV[1]

Technology Sheet
アンビリカル・ケーブル

Extra Sheet
用語辞典/企画書/トピックス(映像メディア1:LD)

Categories
Books

エヴァンゲリオン・クロニクル創刊号

【各章の内容リスト】
メカニックシート
メカニック&使徒を詳細解説 メインメカシート、サブメカシートがあります。

キャラクターシート
登場人物のプロフィール キャラクターを紹介するシートです。メインキャラシート、サブキャラシートがあります。

タイムラインシート
エヴァ世界における歴史解説 ストーリーを年表風に紹介するシートです。

タクティクスシート
作戦&計画内容の解析 使徒戦など、作品中に起こった作戦行動などを詳しく紹介するシートです。

インスタレーションシート
都市・施設ガイド 施設や組織などを紹介するシートです。

テクノロジーシート
エヴァ世界における技術考察作品中に登場した兵器や技術の解説をするシートです。

エクストラシート
用語辞典・番組企画書の紹介・エヴァによる社会現象を検証 その他要素を紹介するシートです。

用語集、企画書、グッズ紹介、ゲームオリジナル要素紹介等のコンテンツがあります。

創刊号CONTENTSMechanic Sheet
エヴァンゲリオン初号機[1]

Character Sheet
碇シンジ[1]
NERV女性オペレーターTactics Sheet
第3使徒サキエル戦[1]

Timeline Sheet
セカンドインパクトInstallation Sheet
第3新東京市[1]

Technology Sheet
EVAシリーズExtra Sheet
用語辞典/企画書/トピックス(音楽)

Categories
Books

カンヌ、羨望の陰で

カンヌ、羨望の陰で

愛しているのは誰? 憎んでいるのは誰?
嫉妬が人を狂わせる――美しき仮面の陰に隠された真の愛と裏切りを暴く傑作サスペンス。

成功した企業を共有している派手なキャサリンとナチュラルなジェニファーの美人姉妹。見た目も性格も正反対だったが、仲のよい姉妹と思われていた。だが、実は幼いときからふたりはライバルであり、陰で足の引っ張り合いをする毎日だった。そしてジェニファーがカンヌ映画祭で有名セクシー俳優のパドレイクにひと目惚れされ、電撃結婚したことから、姉妹の仮面がはがれはじめる。幸せの絶頂にあったジェニファーが、新婚旅行で命を狙われたのだ。ジェニファーは奇跡的に助かるが、今度はキャサリンが命を狙われ……。
ゴージャスな仮面の裏に潜む、真実の愛と裏切りを描くウィメンズ・サスペンス。

美女の極意

[著者]岸本裕紀子 Yukiko Kishimoto
1953年東京生まれ。エッセイスト。慶應義塾大学法学部卒業後、「non-no」編集部勤務を経て渡米。
ニューヨーク大学行政大学院修士課程修了。
ファッション、生き方から政治に関するまで幅広い分野においてテレビ、雑誌等で活躍中。
主な著書に『モテる女たちへ』『いつか王子さまが』『もっと、モテる女たちへ』ともに講談社)
『30代は女のベストシーズン!』『30代からのリ★スタート』(ともにヴィレッジブックス+)など多数。

旅に出ろ!

旅に出た分だけ、人生は必ず充実していく!

海外旅行者は増えている。しかし、お金がない、時間がない、仕事がなくなる…などの『神話』にとらわれて本当にしたい旅をしていない人が多いのではないか。旅に出ない自分への言い訳をつきつめると、ひとつの人生論へつながっていく。
本書では旅に出るまでの準備、旅に出たあとのすごし方、帰ってきてからの心の有り様にわたって実践的なアドバイスが満載。

監修は、放浪の旅を経験し、20代・30代男性から熱烈な支持を得ているロバート・ハリス。

美女の極意
美女の極意

Categories
News

大量の描き下ろしイラストを投入して、メカニック、キャラク

大量の描き下ろしイラストを投入して、メカニック、キャラク
ター、ストーリーはもとより、作戦、テクノロジー考察、用語、グッズなど、エヴァンゲリオンの世界を多面的に分析!
分離シート方式を採用。読者が自らの手でシートを差し替えることにより、シリーズ完結時には総960ページのエヴァンゲリオン大百科が完成する!

【「新世紀エヴァンゲリオン」ストーリー】
時は西暦2015年。世界は南極の氷雪溶解による危機(セカンドインパクト)から復興しようとしていた。そうした中、箱根に建設中の計画都市「第3新東京市」に突如襲来する“使徒”。彼らはその正体も目的も不明だが、さまざまな形態・特殊能力で人類に戦いを挑んできた。この謎の敵“使徒”に人類が対抗する唯一の手段が、汎用人型決戦兵器「エヴァンゲリオン」である。国連直属の特務機関「NERV」によって、主人公・碇シンジを含む3人の少年少女がその操縦者に抜擢された。
パワフルなバトルアクション、謎また謎のスリリングなストーリー。少年少女たちの葛藤、そして心の成長など、ダイナミックに展開する本格アニメドラマの傑作である。

●全30巻 総ページ数960ページ(予定)
●創刊号 定価590円(本体価格562円+税)
●2号以降 定価690円(本体価格657円+税)
●サイズA4変型/オールカラー32ページ
●発行:株式会社ウィーヴ/株式会社テレビ東京
発売:株式会社ソニー・マガジンズ

Categories
iPhone

iPhone5 iPhone4S iPhone4 スマートフォン着せ替えプロテクターケース(カバー)

アメリカ・ラスベガス生まれのまったく新しいカバータイプのプロテクターです。薄いシールとは違いクッション性の高い素材で作られており、表・裏貼ることができるためiPhoneを傷から守るだけでなくファッショナブルにドレスアップしてくれます。

【注意】
※本製品は機器に付くキズや汚れを完全に防ぐものではありません。
※高温・多湿・直射日光を避けてご使用保管ください。変型、変質の恐れがあります。

※本製品の表面に滑り止め加工を施しておりますので、ガラスや鏡などに貼りつきますが、環境によっては接着面から落下する場合もありますので、予めご注意ください。

※装着時には機器本体についているホコリやゴミをよくとってください。ホコリが付いたまま装着すると、機器本体にキズを付ける恐れ、更に接着面の粘着力の低下につながる恐れがあります。

※本製品の装着、取り外し時は落下に注意してください。
※本製品は落下や衝撃、水没等からお使いの機器を保護するものではありません。

※ウレタンは人体に無害といわれていますが、乳幼児が誤って口に入れることのないように十分注意してください。
※本製品に起因する事故、故障、記録内容の保障または、お客様の過失及び誤った使用方法によって発生した機器の破損やトラブル等については一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。

※本製品をプラスチックケースから取り出す際に、ケースで手を傷つけない様、ご注意ください。
※商品の機能を損なう恐れがありますので、用途以外の目的で使用しないでください。

※本製品を装着したまま、オプションのipod dockには接続できない場合もございます。
※画像の商品はサンプルです。

※本製品 本製品について、シールタイプのiPhoneプロテクターとなります。

※機種および色をよくご確認のうえご購入ください。
※モニターや画像鮮度の問題により、色の見え方等が実際の商品と異なる場合がございますので、予めご了承ください。

Categories
雑記

ミステリマガジン2021年3月号に糸田屯 連載コラム第17回「コバルト文庫イメージアルバムの世界 パート1」掲載

 ミステリマガジン2021年3月号目次

紹介したイメージアルバム(一部) pic.twitter.com/alSggEULtz

— 糸田屯 (@Sooopiyo) January 26, 2021

久美沙織氏の1stアルバム『ミステリアス・ビューティ』(1985)。笹路正徳(メイン作編曲)、宮城純子、小室みつ子参加。未CD化が惜しまれる逸品。 pic.twitter.com/PIoeRKJzu0

— 糸田屯 (@Sooopiyo) January 26, 2021

久美沙織『丘の家のミッキー』(1986)

2ndアルバム(こちらも未CD化)。前作から引き続き宮城純子、笹路正徳の両氏が参加(メイン作編曲は宮城氏)。インスト曲も前作以上に強力な仕上がり。かなりプログレハード。 pic.twitter.com/LVXTboYvVb

— 糸田屯 (@Sooopiyo) January 26, 2021

《過去記事》

▼ミステリマガジン2021年1月号に糸田屯 連載コラム第16回「マイクル・ムアコックのディスコグラフィ」掲載

▼ミステリマガジン2020年11月号に糸田屯 連載コラム第15回「ミステリ・アドベンチャーゲームを「聴く」」掲載

▼ミステリマガジン2020年9月号に糸田屯 連載コラム第14回「The New Age of Mystery Music」掲載

▼ミステリマガジン2020年7月号に糸田屯 連載コラム第13回「ゴーストマンのプレイリスト」掲載 

▼ミステリマガジン2020年5月号に糸田屯 連載コラム第12回「ミスター・クロウリー・コンピレーション」掲載

▼ミステリマガジン2020年3月号に糸田屯 連載コラム第11回「SYNTHWAVE SENSATION」が掲載

▼ミステリマガジン2020年1月号に糸田屯 連載コラム第10回「ミシェル・ウエルベックの音楽的側面」&2019年周辺ジャンル総括記事が掲載

▼ミステリマガジン2019年11月号に糸田屯 連載コラム第9回「シンガーソングライター『シマダソウジ』」が掲載

▼ミステリマガジン2019年9月号に糸田屯 連載コラム第8回「館の戦慄、YAKATAの旋律」が掲載

▼ミステリマガジン2019年7月号に糸田屯 連載コラム第7回「石の上にも三年、人間椅子の上にも三十年」が掲載

▼ミステリマガジン2019年5月号に糸田屯 連載コラム第6回「いま、ふたたびの童夢」が掲載

▼ミステリマガジン2019年3月号に糸田屯 連載コラム第5回「大槻ケンヂミステリワールド」が掲載

▼ミステリマガジン2019年1月号「特集:ミステリが読みたい!」に、2018年周辺ジャンル総括記事を寄稿いたしました

▼ミステリマガジン2018年11月号に、「ルパン・コミカライズの世界」を寄稿いたしました

▼ミステリマガジン2018年9月号に、ミステリ&音楽コラム第2回「Ghost and Osiris」を寄稿いたしました

▼ミステリマガジン2018年7月号《おしりたんてい&バーフバリ特集》に「バーフバリ音楽ガイド」を寄稿しました&同号よりコラム新連載を始めます

▼エイドリアン・マッキンティ『コールド・コールド・グラウンド』のレビューを早川書房公式noteに寄稿いたしました

▼ミステリマガジン2018年1月号「特集:ミステリが読みたい!」に、2017年周辺ジャンル総括記事を寄稿しました

▼ミステリマガジン2017年11月号「幻想と怪奇 ノベル×コミック×ムービー」にコラムを三本 寄稿いたしました

▼ミステリマガジン2017年9月号「シャーロック・ホームズ & コリン・デクスター」特集にディスクガイドを寄稿いたしました

▼ミステリマガジン2017年7月号特集「このミステリ・コミックが大好き」のコミックガイドに参加&コラムを寄稿いたしました

▼ミステリマガジン2017年5月号【北欧ミステリ特集】に「北欧ミステリDISC SIDE A&B」を寄稿いたしました